淋病に感染した時のリスクと症状と治療対策についてを解説

淋病、というのは特に男性に縁が近い性感染症で普通に生活していくだけでも少しの娯楽や性的な楽しみを楽しんでいる人ならば誰にでも負い得るリスクなのです。今回は、そんな淋病に自分がもしもかかってしまった場合、どんな対処をしたらいいのか、どんなものなのかということについてを解説していきましょう。

淋病の詳細について

淋病の詳細について

淋病、というのは正式名称は淋菌感染症と言って淋菌と言う菌に感染することによって引き起こされる性感染症です。クラミジアや梅毒、トリコモナスと言ったようなメジャーな性感染症と同じような症状ですね。性感染症と言えば、一番最初に思いつくのはやはりクラミジアではないでしょうか。

クラミジアは、実は性感染症の中では最も感染数の多い性感染症なのですが、性別を男性に限った場合は実は淋病の感染者はクラミジアについで二番目に多い性感染症となっているのです。年間で8000人強、そのうち男性は7000人近くという驚異的な比率となっているのです。

とは言え、男性があくまで感染者として高いだけで女性感染者も2000人近くいるわけですから、女性にはかかりにくい性感染症、というわけではないですね。淋病感染は、主に性行為における粘膜接触、そして母子感染などでも感染してしまう事が報告されています。

性交に関しては、性器同士ではなく性器と肛門のアナルセックスやオーラルセックスでの咽頭感染もあるので、性器同士だけが感染の媒体になるわけではないというのが特徴です。また、母子感染の場合は妊婦さんが淋病感染している際に胎内の胎児に淋菌を感染させてしまうリスクがあり、対策を取らないとその感染率は30%近くと非常に高く、結膜炎、関節炎、鼻炎、膣炎、尿道炎などの発症リスクも高いです。

淋病の発覚の仕方

淋病は、男女によって症状の現れ方が違うというところが特徴的です。女性の場合は、ほとんど自覚症状が起きる事がなく静かに感染し病状が進行していくので、ちょっとした異常に気づかないと知らないうちに子宮内や骨盤内にまで淋菌が感染進行シてしまうというケースが多く、そのまま妊娠してしまい母子感染を起こしてしまう危険性がある、ということなんですね。

逆に、男性の淋病感染に関しては非常にわかりやすく激痛や膿などが感染部位に認められるので、淋病感染にはすぐに気づきます。しかし、気づいたからと言って症状が決して軽いわけではないですし、寧ろ痛みを伴う分実生活にも弊害をきたしたりと非常に厄介な性感染症であることには間違いありません。

そして、こちらも放置して治療対策などを取らなければ尿道から精巣へと淋菌は進行していくので、重篤な後遺症などを併発してしまうケースさえもあります。淋病は、感染力の高さの割に症状もかなり大きく出やすいのでもしも自分が淋病に感染してしまった、という疑念を持つようなことがあれば、まずはとにかく専門医にしっかりと診断を受けて自分が感染しているかどうか、ということを確認しなければいけないんですね。

淋病感染と治療

淋病の治療は、男性の場合は泌尿器科ですが女性の場合は婦人科などでの診断、治療になります。特に、男性の場合はだいたい淋病感染は性器になっていますのでわかりやすいですね。女性の場合、性器だけではなく咽頭や肛門などに感染することも昨今では多いので、泌尿器科のような限定した科ではなく婦人科に総合診断を受けるのがベストでしょう。

■広告
ジスロマック250mgを買いたい人におすすめなのはアイドラッグマート!
援用=ジスロマック 福岡県福岡市 http://www.idrugmart.asia/drug/zithromax.html

『淋病に感染するかもしれないという生活を送っていると自覚している人の為のサイト』のサイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ