淋病の母子感染はリスクが高いので妊娠中に出来ることをしよう

淋病、という性感染症は男性に主に見られる症状なのですがだからと言って決して女性が他人事だという物ではないんですね。

女性にも、当然感染リスクはありますし何より女性の場合は母子感染のリスクを気にしておかなくてはいけないのです。

淋病の母子感染について

淋病、というのは実は成人だけが感染する感染ではなく女性が妊娠しておりその妊婦が淋病に感染していた場合、胎内の胎児にまで感染してしまうリスクがあります。

胎児への感染率も3分の1と非常に高確率になっていますので、決して甘く見ていい数字ではないんですね。妊婦さんが淋病に感染したまま出産をしていまうと産道感染してしまい、淋菌性の結膜炎、関節炎、髄膜縁、鼻炎、膣炎、尿道炎の他敗血症などの命に関わる症状さえ発症する危険があるんですね。

母子感染の際のリスクについて

淋病の母子感染において最も発症リスクが高いのが淋菌性結膜炎です。こちらは、出産してから数日で発病してしまいまだ生まれたばかりの赤ちゃんの目から大量の膿が出たり、結膜が充血したりして角膜潰瘍、角膜穿孔など失明のリスクもある症状が出てしまうことがあるんですね。

赤ちゃんは、免疫能力が低く特に淋菌感染症は非常に危険なので母子感染は神経質になるくらいに注意した方がいいでしょう。

出産後の治療は難しい

そして、何よりこの母子感染が怖いのが生まれたばかりの赤ちゃんへの淋病治療が難しい、ということなんです。だから、母子感染を防ぐには出産前に必ず妊婦さんが淋病を完治させた状態で出産に臨むことが出来るようにしておく、ということなんですね。

妊婦さんでも淋病治療を受ける事は出来ますので、必ず検査だけでもしておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ